クラモバ会

クラウドサービスとモバイル端末で業務改善を行うための情報ピックアップ&交流オフ会
<< 2014年11月19日のつぶやき | main | 2014年11月20日のつぶやき >>
自動運転車によって起こりそうな消費行動の変化について
0
     →車での移動時間を「搭乗者に対して広告を表示する時間」に出来れば、そこから物凄い広告収入を得ることが出来ると思います。

     ※搭乗キーが個人認証になる

     それによって
     「タクシー等の運転手が不要化(または専門資格や技能が不要になる)」
     「シェアカーが増えて自動車購入が減る」
     「自動車所有者が減って関連用品需要も減る(自分の車では無くなるので)」
     「生産台数が減るので、自動車工場&販売所&雇用が縮小する」

     という変化は起きそうですが、利用者(移動手段が欲しい人)にとっては格安な移動手段を入手できます。
     ※自動車の購入&維持費用を他の商品・サービスの購入に使えるようになる(他業種にとっては特需発生!)
     
     いずれ自動車関連は「所有する嗜好品(独自性が価値)」よりも「利用する消耗品(格安&便利さが価値)」な需要が増えそうです。

    ※Googleの場合だと「Android OSを無料でスマホメーカーにばら撒いて普及させる」のと同じように「自動運転OSを無料で新興自動車メーカー(スマホやパソコンのメーカーから電気自動車メーカーに移行)にばら撒いて普及させる」のかも?
    http://www.ex-ma.com/blog/archives/1719
    >Googleの基本的ビジネスモデル。

    無料で便利なサービスを提供して、たくさんの人に使ってもらう。
    そして、広告収入を得る。

    これです。
    だったら今回の話題「Googleの完全自動運転のクルマ」も、本質的には同じだと思う。

    世界中の街に、Googleの無人タクシーが走っている。
    東京もニューヨークもパリにもベルリンにも。
    無人タクシーの車体や天井には、企業の広告が目立つようになっている。
    電飾の広告もあるかもしれない。
    音も流れているかもしれない。
    さらに、その無人タクシーは、利用料が無料。
    一般の人は、そのタクシーに無料で乗れる。
    どこまで行っても、どんなに距離を走っても、無料。
    社内に乗り込むと、乗客の個人情報をさっと読み取り、その人に合わせた広告が出てくる。
    タクシーの車内では、ずっと広告の映像が流れている。

    >自動車にITテクノロジーを入れようとしている、自動車メーカーと、ITテクノロジーのインフラを使ってそれを自動車に活用しようとしているGoogle。

    どちらが優勢か?

    ボクはもちろんGoogleが主導権を握ると思っています。
    視点がちがうから。

    それに、各自動車メーカーが自動運転のクルマを作っても、Googleのマップシステムとクラウドを使わなきゃならないんですから。

     1)自動車の購入&維持費が他業種の消費に移行したら凄い金額です。

    http://car-life.adg7.com/

    >自動車にかかる維持費を計算します。


    計算してみると軽自動車1台を維持するのに年間20万円以上かかることになります。

    ※維持費には自動車購入代金を均等に分割した数字も含んでいます。


    うちの場合1500ccのデミオ駐車場代なしで年間32.2万円。なんて額だ。。。

    ちょっと大きめの自動車にすると簡単に年間45万円を超えてしまいます。


    自動車税、ガソリン税、消費税、自動車取得税、重量税、自賠責保険などを合わせると

    年間維持費の20%程度が税金になります。年間40万円だと実に10万円も税金を払っているんですね。


    2)若い世代ほど価値観の変化って起きやすい気がします。


    「いつかはクラウン」→「移動手段は格安にして、節約分は他のことに使おう」


    DVDレンタルや冠婚葬祭の貸衣裳みたいに一般化したら凄そうです。


    3)ドローン(無人機)の開発や製造が活発化してますが、これは最終的に「自動運転車やロボットの開発や製造技術」に繋がっていくと思います。


     ドローンのメーカーが自動運転車や自動制御ロボットを製造販売することも将来的には可能になるので(ドローン製造よりも客単価が高い)。


     ドローンメーカーの動向をリサーチしていくと色々なことが解ります。

    http://goo.gl/d7NRo3

    >4つのローターで空を飛ぶ小型ドローンの群れが、人のまばらになった夜の街でこっそり動き出すという、「トイ・ストーリー」のような遊び心のある動画なのですが……「トイ・ストーリー」がフルCGアニメなのに対し、このドローンはなんと本物! メイキング映像では、赤外線センサーや綿密なプログラミングによりドローンが実際に飛んでいることが分かります。


     レクサスのブランディングの一環で作られたこのドローンは、ロボット開発のベンチャー、KMel roboticsとのコラボで生まれたもの。同社のクアッドロータードローンの技術をベースに、レクサス車のグリルやマフラーなどのモチーフを取り入れた、オリジナルデザインのドローンを開発しました。部品の一部は3Dプリンタで制作したそうですよ。


    http://ryotarotakao.com/archives/5600/

    >ドローン便が実際に実現するかどうかはわかりませんが、人件費を削減できる無人機能は、労働集約型産業では喉から手が出るほど欲しいものではないでしょうか。実際に強いニーズがある以上、無人技術に関するイノベーションは実現する可能性は極めて高いのです。だからこそ、自動車産業も、自動運転技術の向上に大きな投資をするのでしょうね。


    4)中国がドローン生産拠点になるみたいです。

    そうなると中国がドローン開発&製造で蓄積したノウハウを応用して自動運転車や自動制御ロボットも作ったりして(自動制御OSはGoogleが無料提供)。

    http://goo.gl/PgrHAk

    >なぜ中国でドローン市場が立ち上がったのか。「世界のスマートフォン(スマホ)の主要な製造拠点だからだ」と中国の電子部品大手の技術系幹部は分析する。スマホとドローンでは全地球測位システム(GPS)や様々なセンサー、高性能バッテリーなどを搭載していることが共通で、「多くの企業がスマホの次はドローンに焦点を定めて新規参入している」(同幹部)。


     そのため、米アップルのスマホ「iPhone(アイフォーン)」などの製造拠点である広東省深圳市はドローンの集積地に生まれ変わりつつある。DJI以外での注目株は、1999年に設立した深圳一電航空技術(AEE)。ドローンを使った捜査などに力を入れる中国公安省との提携をテコに公共向け製品で伸びている。深圳市の許勤市長は9月に同社を視察し、深圳市のドローン産業の成長を支援する姿勢を示した。


    | ビジネス情報 | 15:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
    コメント
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://cloudmobile.musuhi.jp/trackback/1893
    トラックバック
    CloudMobile for facebook

    Twitterボタン
    Follow me Twitter
    RSS購読
    RSS購読はこちら
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    • Plan B : 端末紛失時の最終兵器!遠隔インストールで使える追跡アプリ
      むすひ (03/02)
    • Plan B : 端末紛失時の最終兵器!遠隔インストールで使える追跡アプリ
      広 (03/02)
    • ネイバー、「Nドライブ」スマホアプリをバージョンアップ - 最大30GB保存に
      むすひ (08/29)
    • ネイバー、「Nドライブ」スマホアプリをバージョンアップ - 最大30GB保存に
      ネイバージャパン 金子 (08/29)
    • 信じられますか? 看護師や検査員がシステムを設計する病院
      むすひ (07/03)
    • 信じられますか? 看護師や検査員がシステムを設計する病院
      杉浦 (07/02)
    モバイル
    qrcode
    LINKS
    PROFILE
    QLOOKアクセス解析